この記事を書いている人
山口健太(やまけん)
一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会 理事長、心理カウンセラー。自身が会食恐怖症に悩んだ経験から、その悩みを解決する為の支援活動をしている。日本で初めて会食恐怖症の本を電子出版し、Amazonジャンル別ランキング1位獲得。年間延べ1000以上の相談に乗るなど、これまで沢山の会食恐怖症に悩む人と実際に会い、リアルな生の声を聞いてきた。

メディア掲載歴(※協会として)
共同通信社/Yahoo!ニュース/livedoor/アメーバニュース/excite.ニュース/BIGLOBEニュース/Infoseekニュース等。詳しくはこちらより。

12日の日曜日は、会食恐怖症の
お悩み相談会(通称:オフ会)を久々に東京で開催しました!


この記事では、
そこでの様子や思った事などを書いていきます。

よかったら読んでみてくださいね!

参加された方の感想!

今回は一人キャンセルがありまして、
私も含めて5名での開催となりました。

(一人一人の話を聞きたいので、このくらいの小規模でいつもやっています。)


例によって、
参加してくれた方の感想を書いたので、
以下より読んでみてください。





感想ありがとうございます!

小さな進歩をバカにしない

話の中でけっこう重要なテーマとなったのが、
「小さな進歩をバカにしない事」についてです。


まぁ、
いつも言ってることですが、

たとえば会食恐怖症がある方が、

「緊張して満足に食べれなかったけど、会食に参加する事ができた」

とします。



そういう時って、
人の反応はザックリ分けると2パターンあります。


それは、
  1. 「今日は避けずに会食に行けてよかった」
  2. 「今日も食べられなくて最悪だった」
この2パターンです。


そして、どちらの方が、
これからも継続的に挑戦できる考え方かというと・・・

当然、1のパターンなので、
なるべくそのように捉えていく事についてお伝えし、
その効果を体感するプチワークも今回はみんなでやりました。



普通の人との比較をしても、状態が下がるだけです。

私たちは、
学校などで比較されて生きてきたので、
比較という価値観が癖付いてしまっていますが、
比較はただ苦しんでしまうだけ。


ちょっとずつでも良いので、進歩した自分を褒める。

できないときがあったとしても、自分を労い、励ます。



自分の状態が良くないと、
「会食に挑戦しよう!」という気も起きませんから、
そういった部分こそが大切だといつもお伝えしています。

身近な仲間をどうやって作るか?

また、やはり「仲間作り」っていうのは、
克服をしていくためにすごく重要だと感じます。

(参照:良い医者と出会えるかより、良い仲間と出会えるか〜仲間作りの治療法〜


実際、これまで関わってきた方でも、
身近な人が協力してくれる場合は、
改善のスピードが早い傾向にあります。


じゃあ、どうすればそういった仲間を作れるか?

これは、
  1. 今の人間関係から、協力者を募る
  2. 2.新しい人間関係を築いていく


この2つのパターンがあると思いますし、
「症状を誰かに打ち明ける時のコツ」なども、
これまでメルマガなどでもお伝えしていきました。


でも、
「当たり前」と言われるかもしれませんが、

今これに対して一番大切だと感じるのは、
「この人の相談なら乗ってあげたいな!」とか、
「この人のためならサポートしてあげたいな!」と、
思ってもらうような人と関わり方を普段からする事なんだろうと思います。


どんな他人も、
自分自身を満たしてくれる為に
生きているわけではありませんからね。

(恋人同士の喧嘩も、「相手を自分の所有物」だと思った瞬間から始まると思っています。)



そして、その為にはシンプルで、
相手が喜ぶ事をまずは自分が率先してやる事でしょう。


もちろん私もまだまだですが、
そういった気持ちを忘れないようにしなきゃな〜と、いつも感じています。


今後も、
たくさんの仲間が繋がれるような企画とかも
いろいろ考えてますのでお楽しみに!

最後に

いかがでしたか?


ちなみに、
今回参加してくださった方の発案で、

これまでとこれからの
私のオフ会に参加してくれた人の、
同窓会ライングループが発足したようです!



こうやって、どんどん輪が広がっていくと嬉しいですね^^



そして次回は、
12月下旬で初めての東北・仙台での開催を予定しています。


仙台に限らず今後、

「参加してみようかな」

「ちょっと興味がある」


というような方は、
LINEお友達になっていただくか、
メルマガに登録して頂ければ、
オフ会の情報は届きますのでぜひぜひどうぞ。


LINEのお友達登録はこちら
友だち追加



それでは、
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


追伸
2018年の情報発信はメルマガが殆どとなっています。高頻度で配信していますので、会食恐怖克服についての情報はこちらのメルマガを読んでみてくださいね。

このメルマガを読むと、「なぜ、会食恐怖症が治らないのか?」「どうすれば克服できるのか?」
それらが明確に分ります。

(もちろん無料です。)

身近で困っている人がいたら、ぜひぜひ教えてあげてください!

無料キャンペーン中!

会食恐怖症の本(電子書籍)2冊目

現在もAmazonで有料販売中の「人前での食事や外食ができない!会食恐怖症が1冊でよくわかる本」が無料で読めます。

大手ブログランキング1位、Kindleランキングで1位を獲得した、日本会食恐怖症克服支援協会理事長の山口健太が、”会食恐怖症を克服する為に必要な最低限の基礎知識”をまとめた一冊。「読みやすい、分かりやすい文章」が特徴で学生から大人までスラスラと理解することができる本です。

会食恐怖症の個別相談会を、
LINEで定期的に無料で開催しています!



※毎回たくさんの方が相談にきます。

会食恐怖症の個別相談会を、
定期的に無料で開催しています!

「病院に行った方が良い?」
「自分は薬を飲むべき?」
「どうすれば良くなるの?」
など、

具体的な質問から漠然と質問まで、
自身や沢山の当事者と会ってきた経験から、
お答え致します。


開催はLINEにてお知らせしますので、
まずは以下より、友達に登録を。

友だち追加

または「@cxh3763i」でID検索。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口健太(やまけん)

一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会 理事長、心理カウンセラー。自身が会食恐怖症に悩んだ経験から、その悩みを解決する為の支援活動をしている。日本で初めて会食恐怖症の本を電子出版し、Amazonジャンル別ランキング1位獲得。年間延べ1000以上の相談に乗るなど、これまで沢山の会食恐怖症に悩む人と実際に会い、リアルな生の声を聞いてきた。